ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 上野原市ビジョン > 「まだ、知らないだけ。」プロジェクト

本文

「まだ、知らないだけ。」プロジェクト

ページID:0013807 更新日:2024年2月8日更新 印刷ページ表示

市のブランドメッセージ「まだ、知らないだけ。」
まだ、充分に知られていない市の魅力・資源を活かした、地域活性化プロジェクトを募集し、次のとおり事業提案がありましたので、紹介します。当該プロジェクトは、提案者と市と官民連携で実施する事業となります。

まだ、知らないだけ。ロゴ2

「まだ、知らないだけ。」プロジェクト第1弾 景色をきいてみる

景色をきいてみるロゴ
題字:細田直希

事業概要

市のブランドメッセージ「まだ、知らないだけ。」をテーマに、ワークショップ形式で音楽と映像を作成し、市内外に発信します。

普段何気なく過ごしている色のない「日常」。
私たちはどうしても、インパクトが強く分かりやすいものに心を奪われがちだけど、ひとつの「まち」をつくっているのは、さりげない日常の音や景色であり、そこにこそ「うえのはら」そのものが詰まっています。

「まち」の音と映像をひとつの作品にすることで、上野原で暮らす人も、上野原を訪れる人も「まだ、知らないだけ。」の魅力に気づいていく・・・
「まち」を考える人、語れる人が増えていくことで、市の魅力発信に繋がると考えています。

景色をきいてみるワークショップ

ワークショップの様子

2023年9月30日に音楽編、10月8日に映像編のワークショップを開催しました。
参加メンバーで上野原のまちを歩き、音や景色をスマートフォンで録音、撮影しています。​

心地よい音、なにげない日常の声を拾い、emulsion lens(エマルジョンレンズ※)を使って、いつもの景色、通りすぎていた場所を参加者各々の感性で録音・撮影しました。​
ワークショップの様子 ワークショップの様子(映像編)

ワークショップの様子(音楽編) ワークショップの様子(音楽編)

※emulsion lens(エマルジョンレンズ)立石剛/作
覗くと、夢の中で見ているような独特な景色が映るレンズ。「まち」の映像は、このレンズを使って撮影しています。

 エマルジョンレンズ

音と映像をひとつに融合した動画

みんなで集めた音と映像素材を一つに融合した動画を作成しました。

景色をきいてみる動画<外部リンク>

企画:立石剛(音楽家/現代アーティスト)<外部リンク>
主催:logue/bookmark実行委員会<外部リンク>


活用プロジェクト
地域活性化プロジェクト