ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・子育て > 健康・医療 > 健康づくり > 令和6年度集団検診のご案内

本文

令和6年度集団検診のご案内

ページID:0002348 更新日:2024年2月29日更新 印刷ページ表示

検診について

基本健診

基本健診は20歳から39歳までの方が対象です。学校や職場で受ける機会のない方はぜひ受けましょう。

特定健診

特定健診は国が定めた年に一度の健康診断で、40歳から74歳までの方が対象です。年に一度は必ず受診しましょう。市の特定健診は上野原市国民健康保険加入者が対象ですが、対象以外の方でも「特定健診受診券」があれば受けることができます。

後期高齢者健診

後期高齢者健診は75歳以上の方が対象になります。検査の内容は特定健診とほとんど同じですが、低栄養に関する項目としてアルブミンが追加されています。治療中の方や経過観察中の方は、主治医と相談しましょう。

がん検診

がん検診の対象者は、自覚症状のない方です。症状のある方は医療機関を受診しましょう。すでに治療中の方、治療を始めようとしている方も対象外となります。

検診を受けて精密検査が必要となった場合は、自己判断で放置せず、必ず医療機関で精密検査を受けましょう。

国は市町村が行うべきがん検診の目的を、がんの死亡者の減少を目指すものとし、次の項目について推奨しています。

種類 検査項目 対象者 受診間隔
肺がん検診 問診・胸部エックス線検査 40歳以上 1年に1回
大腸がん検診 問診・便潜血検査 40歳以上 1年に1回
胃がん検診 問診・胃部エックス線検査 40歳以上 1年に1回
乳がん検診 問診・マンモグラフィ検査 40歳以上の女性 2年に1回
子宮頸がん検診 問診・視診・子宮頸部の細胞診・内診 20歳以上の女性 2年に1回

上記に基づいて検診を行うので、令和5年度に乳がん検診、子宮頸がん検診を受診された方は、令和6年度は市の検診の対象外となります。

その他の検査

上野原市では国が推奨するがん検診の他に、次の項目について実施します。治療中の方、治療を始めようとしている方は、検査の対象外となります。

種類 検査項目 対象者
胃がんリスク検査 ヘリコバクターピロリ抗体検査、ペプシノゲン検査 21歳、26歳、31歳、36歳、41歳の方(ただし、過去に受診済みの方は対象外です)
乳房超音波検査 乳腺エコー検査 20歳から74歳の女性で、令和6年度にマンモグラフィ検査の対象とならない方
腹部超音波検査 腹部エコー検査 20歳以上の方
PSA血液検査(前立腺) 血液検査 50歳以上の男性
骨粗鬆症検査 前腕とう骨検査 40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の女性

集団検診について

集団検診では、基本健診・特定健診・後期高齢者健診とがん検診等が同時に受診できます。なお、年齢や加入している健康保険(医療保険者)によって受けられる項目が異なりますのでご注意ください。

日程

検診日(午前中実施) 会場 備考 申し込み受付状況
令和6年4月13日(土曜日) 総合福祉センターふじみ 骨粗鬆症検診あり 申込み受付は終了しました。
令和6年4月14日(日曜日) 総合福祉センターふじみ 骨粗鬆症検診・肺CT検査あり 申込み受付は終了しました。
令和6年4月15日(月曜日) 総合福祉センターふじみ   申込み受付は終了しました。
令和6年5月25日(土曜日) 上野原西小学校   受付中
令和6年6月15日(土曜日) 秋山小学校   受付中

検査項目

検査名 検査項目
基本健診(20歳から39歳) 問診、医師診察、血圧測定、身体測定(身長・体重・腹囲)、尿検査(糖・蛋白・潜血)、血液検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・血糖・HbA1c・AST・ALT・γーGT・クレアチニン・eGFR)・眼底検査・心電図検査
特定健診(40歳から74歳) 問診、医師診察、血圧測定、身体測定(身長・体重・腹囲)、尿検査(糖・蛋白・潜血)、血液検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・血糖・HbA1c・AST・ALT・γーGT・クレアチニン・eGFR)・眼底検査・心電図検査
※社保本人は受診できません。
後期高齢者健診(75歳以上) 問診、医師診察、血圧測定、身体測定(身長・体重・腹囲)、尿検査(糖・蛋白・潜血)、血液検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・血糖・HbA1c・AST・ALT・γーGT・クレアチニン・eGFR・アルブミン)・眼底検査・心電図検査
大腸がん検診 便潜血検査(20歳以上の方)
肺がん・結核検診 胸部エックス線検査(20歳以上の方)
喀痰細胞診検査(50歳以上で喫煙指数600以上で痰の出る方)*胸部X線併用
胃がん検診 胃部エックス線検査(20歳以上の方 ただし、胃がんリスク検診対象の21,26,31,36歳は除く)
胃がんリスク検査 ヘリコバクターピロリ抗体検査 ペプシノゲン検査(21,26,31,36,41歳の方、ただし過去に受診済みの方は除く)
乳がん検診 マンモグラフィ検査(41歳以上の女性で、令和5年度にマンモグラフィ検査を受診していない方)
乳房超音波検査 乳腺エコー検査(20歳から74歳の女性で、令和6年度にマンモグラフィ検査の対象とならない方)
腹部超音波検査 腹部エコー検査(20歳以上の方)
PSA血液検査(前立腺) 血液検査(50歳以上の男性)
骨粗鬆症検査 前腕とう骨検査(40、45、50、55、60、65、70歳の女性)注:骨粗鬆症で治療中の方、または治療を始めようとしている方は対象外です。
※4月13日(土曜日)、4月14日(日曜日)のみ

自己負担金

検査名 右記以外 上野原市国保 後期高齢者
基本健診(20歳から39歳) 1000円 1000円 -
特定健診(40歳から74歳) 受診券の額(被扶養者のみ) 無料
後期高齢者健診(75歳以上) - - 無料
大腸がん検診 500円 無料 無料
肺がん・結核検診 胸部エックス線検査 300円(65歳以上は無料) 無料 無料
喀痰細胞診検査 800円 無料 無料
胃がん検診 1100円 無料 無料
胃がんリスク検査 1000円(※21歳は無料) 1000円 -
乳がん検診 700円 無料 無料
乳房超音波検査 700円 無料 無料
腹部超音波検査 800円 無料 無料
PSA血液検査(前立腺) 400円 無料 無料
骨粗鬆症検査 500円 無料 無料

検診自己負担金免除のお知らせ

自己の健康状態に関心をもっていただきたく、令和6年4月2日から令和7年4月1日までに21歳、41歳、51歳になる方の検診料の自己負担金を一部免除させていただきます。この機会にぜひ、受診してください。

上野原市国民健康保険に加入されている方も、負担金は一部免除になります。

負担金免除対象年齢

対象年齢 対象生年月日 免除となる検診
21歳 平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれ 市が行う検診での「基本健診」と「がん検診」、市立病院での「施設検診(子宮頸がん検診のみ)」
41歳 昭和58年4月2日から昭和59年4月1日生まれ 市が行う検診での「がん検診」と市立病院での「施設検診」
51歳 昭和48年4月2日から昭和49年4月1日生まれ 市が行う検診での「がん検診」と市立病院での「施設検診」

市立病院で実施している施設検診は、下記リンクの通りです。人間ドックは対象外となります。

個別検診のご案内「子宮頸がん施設検診」「乳がん施設検診」

重要!必ずお読みください。

注意事項

  • 各種検診(人間ドックを含む)は年度内に1度のみ受診可能ですので、重複して申し込まないようご注意ください。
  • 表示の年齢は、令和6年4月2日から令和7年4月1日までに達する年齢です。
  • 定員になり次第締め切ります。また受付時間の変更は希望に添えない場合があります。

上野原市国民健康保険加入者のみなさまへ

検診当日には保険証の確認をさせていただきますが、検診後に健康保険の変更の手続きを遡りで行うなど、受診日に国保資格が喪失されている場合は、自己負担金をお支払いいただく場合がありますのでご了承ください。

申し込み方法

やまなしくらしねっと上野原市電子申請サービス<外部リンク>」からお申し込みいただけます。(以下QRコード)
くらしねっとQRコード
「やまなしくらしねっと」を利用しない方は、検診申込書に必要事項を記入のうえ、上野原市総合福祉センターふじみ、秋山支所、各出張所に持参するか、郵送又はファックス(0554-30-2041)にて提出してください。一緒に受診する方で同じ受付時間を希望する場合は、「集団検診申込書」をホチキス等で止めて提出してください。ファックスや電話でのお申し込みの際は、その旨お伝えください。電話でのお申し込みは、上野原市総合福祉センターふじみ 子育て保健課 医療保健担当(0554-62-4134)のみ受け付けます。

令和6年度春の集団検診申込書 [PDFファイル/103KB]

令和6年度春の集団検診申込書 [Excelファイル/24KB]

申し込み先

〒409-0112 山梨県上野原市上野原3163番地
上野原市総合福祉センターふじみ 子育て保健課 医療保健担当宛

電話 0554-62-4134
ファックス 0554-30-2041(ファックス送信後は必ずお電話でご連絡ください。)
番号をお間違えにならないようご注意ください。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)