2022年4月から「成年年齢」が18歳になります

2022年4月1日に18歳に達していると、成人として扱われるようになります

成人になる(成年に達する)と、判断能力のある大人として扱われるため、保護者の同意なしに自分の意思で様々な契約などができるようになり、これまで『未成年者取消権』が認められていた18歳、19歳の方は、認められなくなります。契約する前に必ず契約の内容を確認してください。

成年(成人)になるとできること

  • 親の同意なしでの契約(携帯電話、賃貸住宅、クレジットカードの作成、ローンを組む、など)
  • 10年間有効のパスポートの作成
  • 公認会計士や司法書士などの国家資格の取得

などは、2022年4月から18歳で可能になります。

20歳になるまでできないこと

  • 飲酒、喫煙
  • 競馬や競輪などの公営ギャンブル
  • 国民年金保険料の納付(義務)

などは、2022年4月以降も20歳になるまでできません

「18歳から大人」として行動できるよう、また契約トラブル等に巻き込まれないように、知ってもらいたい情報を掲載します。

カテゴリー

お問い合わせ

生活環境課 生活環境担当

電話:
0554-62-3114
Fax:
0554-20-5530

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力