手当や制度について

児童手当

児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

児童扶養手当

児童扶養手当は、ひとり親家庭の児童(満18歳の誕生日の属する年度末まで、中度以上の障害を有する場合は20歳未満の児童)を養育している家庭に対して生活の安定と自立の促進に寄与するために支給する手当です。外国人の方も受給できます。

子ども医療費助成制度

健康な子どもを安心して育てられるよう、病気の早期発見・早期治療を行い、乳幼児期の健康の保持及び増進をより一層図るとともに、保護者の医療費の軽減を図るため、子どもにかかる医療費を助成する事業を行っています。

ひとり親家庭医療費助成制度

ひとり親家庭医療費助成制度は、ひとり親家庭の親及び児童に対し、医療費の一部を助成することにより、ひとり親家庭の精神的、経済的負担を軽減し、親と子の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的としています。

母子自立支援給付金制度

母子家庭の母の職業能力の向上、雇用の安定及び就職の促進を図るため、母子自立支援給付金を支給します。

一時保育

上野原市では、保護者の短時間・断続的労働、災害、冠婚葬祭、病気等、および育児疲れなどの私的理由により、一時的に家庭での保育ができなくなった場合に、保育所でお子さんを一時的にお預かりします。

児童・生徒への就学援助

経済的理由により就学が困難と認められる児童及び生徒並びに特殊学級に就学している児童・生徒に対し、学校で必要な学用品費や給食費などを援助します。

上野原市奨学資金貸付制度

上野原市では、高等学校および大学等に入学予定の方に、奨学金を貸与する制度があります。
市内に住所がある保護者の世帯に属する方で、経済的理由により就学が困難な方に奨学資金を貸し付け、有用な人材を育成することを目的としています。

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当は、障害児の生活に寄与する社会保障制度であるとともに、在宅障害児の養育者に対する介護料的性格を持つ社会福祉制度です。

特別児童扶養手当

障害児福祉手当は、在宅の重度障害児に対して、その障害による精神的、物質的な負担の軽減を図る一助として手当を支給する制度です。

カテゴリー

お問い合わせ

企画課 情報推進担当

電話:
0554-62-3118
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力