オミクロン株対応新型コロナワクチン接種について

(令和5年2月1日更新)

集団接種は1月で終了しました。2月は毎週金曜日に上野原市立病院での接種を実施します(各日定員30名)。予約や詳細は、上野原市新型コロナウイルスワクチン一般電話相談窓口(0554-21-9606)へ、平日午前9時から午後5時までにご連絡ください。  

オミクロン株対応新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種の実施期間が令和5年3月末までに延長されたことを受け、初回接種(1・2回目接種)を完了した12歳以上の方を対象に、オミクロン株対応新型コロナワクチンの接種を実施しています。現時点では、直近の新型コロナワクチンの接種から空けなければならない間隔は3か月で、1人1回の接種です。

ワクチン接種記録システム(VRS)に登録されている最終の接種日順に、接種券と案内文を順次送付しました。万が一、令和4年10月以降に従来型ワクチンを3回目または4回目接種として受け、今後オミクロン株対応ワクチン接種を希望する接種券が届いていない方は、上野原市新型コロナウイルスワクチン一般電話相談窓口(0554-21-9606)へお問い合わせください。

上野原市に転入した方や接種券を紛失した方は発行申請が必要ですので、本ページ下部「接種券の(再)発行申請について」を参照してください。

接種券が届きましたら、予診票左の予防接種済証下部に記載されている今までの接種記録が相違ないか必ずご確認ください。万が一、事実と相違がある場合には、接種済証や接種記録書など今までの接種記録が分かる物をお持ちのうえ、総合福祉センターふじみ子育て保健課窓口までお越しください。

  • 対象となる全ての方に予防接種法上の努力義務(注)が適用されることとなりましたが、従来どおり接種が強制されるものではありません。接種による感染症予防の効果と副反応のリスク等のメリットとデメリットを理解したうえで、接種を受ける本人の意思で接種を検討してください。治療中の病気がある方は、かかりつけ医ともご相談のうえ、接種を受けるかどうかをご検討ください。

(注)「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。感染症の緊急のまん延予防の観点から、皆様にご協力をいただきたいという趣旨のものです。

  • 山梨県の指針に基づき、上野原市では次のとおり新型コロナウイルス感染症に罹患した方の回復から4・5回目接種までの間隔について、上野原市では次のとおり推奨します。※前回のワクチン接種から規定の間隔が空いていることは前提です
  1. 感染の拡大時には、再感染のリスクを下げるため、新型コロナウイルス感染症から回復後、1か月経過後の接種を推奨
  2. 感染の後退時には、新型コロナウイルス感染症から回復後、3か月経過後の接種を推奨
  3. 被接種者本人が希望する場合には、上記の接種間隔を問わず、新型コロナワクチンを接種することは可能

使用するワクチンの種類

  • ファイザー社製オミクロン株対応2価ワクチン
  • モデルナ社製オミクロン株対応2価ワクチン

集団接種について

集団接種は1月で終了しました。2月は毎週金曜日に上野原市立病院での接種を実施します(各日定員30名)。予約や詳細は、上野原市新型コロナウイルスワクチン一般電話相談窓口(0554-21-9606)へ、平日午前9時から午後5時までにご連絡ください。

接種に関する注意事項

  • ワクチンの接種は完全予約制です。必ず事前に予約をお願いします。
  • 予約は、予診票などがお手元に届いてからになります。
  • 予診票には、事前にご記入をお願いします(消せるボールペンは不可)。
  • 前後に他の予防接種(インフルエンザの予防接種は除く)を受ける場合は13日以上間隔を空けてください。
  • 接種前にご自宅で体温を測定し、明らかに発熱がある場合や体調が悪い場合などは接種を控えてください。
  • 接種が円滑に行えるよう、肩を出しやすい服装でお越しください。
  • 持病がある人は、接種について事前にかかりつけ医へご相談ください。
  • マスク着用など感染予防対策にご協力ください。
  • 接種後に交付される予防接種済証は、接種を受けたことの証明書ですので、大切にご保管ください。

接種当日の持ち物

  1. 接種券一体型予診票などが入っていた封筒の中身一式
  2. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)
  3. お薬手帳(お持ちの方のみ)

接種券の(再)発行申請について

上野原市に転入してからオミクロン株対応ワクチン接種を希望する方は、転入元の接種券ではなく、上野原市が発行する接種券が必要となりますので、直近の接種記録が分かる書類(接種済証や接種記録書等)の写しと共に「接種券(再)発行申請書(新型コロナウイルス感染症)」を記入し、以下の提出先へ提出してください。

また、接種券を紛失・汚損された場合なども、申請を受けて再発行します。

各種申請書提出先

福祉保健部子育て保健課医療保健担当

〒409-0112山梨県上野原市上野原3163(総合福祉センターふじみ)

上野原市に住民票はないが、上野原市で接種を受けたい場合(住所地外接種)

原則、住民票のある市町村で接種を受けることになっていますが、やむを得ない理由がある場合は、住所地外での接種が受けられます。

やむを得ない事情 申請手続きの有無
  • 入院・入所中の医療機関・施設で接種する場合
  • 基礎疾患のある方が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市区町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 勾留または留置されている方、受刑者が施設で接種する場合

申請は不要

受け入れの可否について、接種を希望する医療機関・施設へご確認ください。

  • 災害による被害にあった方が避難先で接種する場合

申請は不要

接種を希望する医療機関等の所在地の市町村の予約方法を確認し、予約してください。

  • 東日本大震災における原子力発電所の事故による災害による住民票のある市町村の区域外に避難している方が避難先で接種する場合

申請が必要

住所地外接種届出済証の交付を受ける必要があるため、避難元の市町村へお問い合わせください。

  • 妊産婦が里帰り先で接種する場合
  • 単身赴任者が赴任先で接種する場合
  • 遠隔地へ下宿している学生が接種する場合
  • DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者が居住地で接種する場合
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地以外に居住しており、その居住先で接種する場合

申請が必要

接種を希望する医療機関の所在地の市区町村へ申請してください。

上野原市で住所地外接種を受ける場合、住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)を記入し、住所地の接種券の写し・直近の接種記録の写しと共に上記提出先へ提出してください。

※今までに上野原市で住所地外接種として接種を受けたことがある方も再度申請が必要です。

詐欺にご注意ください

接種費用は無料です。ワクチンの予約や接種にあたり、国や県、市が費用を請求することはありません。ワクチン接種に乗じた詐欺にご注意ください。

新型コロナウイルスワクチン相談窓口を開設しています

接種会場、接種券、接種予約方法などの問い合わせ

上野原市新型コロナウイルスワクチン一般電話相談窓口

  • 0554-21-9606
  • 受付時間:午前9時から午後5時(平日のみ)

ワクチン接種の効果や安全性、接種時の注意点などの問い合わせ

接種後に副反応がでた場合もこちらにご相談ください。

山梨県新型コロナワクチン専門相談ダイヤル

ワクチンの施策等に関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

カテゴリー

お問い合わせ

子育て保健課 医療保健担当

電話:
0554-62-4134
Fax:
0554-30-2041

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力