家具の転倒防止措置の重要性と具体例について

平成7年に発生した阪神・淡路大震災では、建物の中でけがをした人の約半数(46パーセント(%))は家具の転倒、落下が原因だったという調査結果があり、地震対策には自宅で「自分の命は自分が守る」ため、家具の転倒防止が有効であることが注目されました。

いつ起こるか分からない巨大地震へ日頃から備えておくことは、非常に重要です。

「大地震では家具は必ず倒れるもの」と考える

地震に備えて、家具の転倒防止方法には様々な方法がありますが、L字金具のように壁に穴を空けて固定する方法以外の方法もありますのでご紹介します。

複数の対策を講じることでその効果を高めることもお勧めします。

カテゴリー

お問い合わせ

危機管理室 危機管理担当

電話:
0554-62-3145
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力