ペットのための準備(新型コロナウイルス感染症関連)

飼い主の方が新型コロナウイルスに感染することによって、ペットの飼育をすることができなくなる事態が考えれます。そのようなことに備えて、事前の準備が必要です。

飼い主の方の事前の準備

  • ご家族や知人、ご近所の方等に預かっていただけるよう、事前に相談しておきましょう。
  • 普段利用している施設(動物病院、ペットホテル等)での保護管理が可能であるか確認をしましょう。
  • 飼育に必要なもの(リード、首輪、ケージ等)は準備しておきましょう。
  • 飼育に必要な情報(かかりつけの病院、エサの量、常備薬等)はまとめておきましょう。

ペットを預ける際

  • 感染された方が直接、預け先へ訪れるのはやめましょう。
  • 預かり先の方が自宅まで受け取りに来てもらう場合は、飼い主がペットをケージ等に入れて玄関先に置いて、受取り側が受け取るなど、直接の接触を避けるようにしてください。
  • ペットホテルなどに預ける場合は、知人の方などに依頼し、接触をしないよう引渡してペットホテル等まで送っていただいてください。

環境省では、飼い主・関連事業者の方へ下記のような広報が行われています。

カテゴリー

お問い合わせ

生活環境課 生活環境担当

電話:
0554-62-3114
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力