避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について

多くの人が身を寄せる避難所は、密集・密接・密閉のいわゆる「3密」状態で新型コロナウイルスの感染拡大のリスクが高まると考えます。

災害が発生し避難所を開設する場合には、新型コロナウイルスなどの感染症対策に万全を期すことが重要となってきます。しかし、災害時には断水等により手指の洗浄ができない場合があることや災害の規模によっては密集した環境下での集団生活等が避けられず、感染症のリスクが高まる危険性があります。

新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況において、避難所を開設するような大規模な地震や風水害などの災害が発生した場合のリスクを考え、平時の事前準備及び災害時の避難行動を確認しておきましょう。

また、避難所開設の際には、少しでも感染リスクを低減するため、市民の皆様にも以下の事項についてご協力いただけますようお願いします。

避難所への避難

新型コロナウイルス感染症が拡大している現状から、災害時でも避難しない方が増えることが考えられますが、実際に避難が必要な方は、速やかに避難所へ避難していただくことが大切です。
しかしながら、居住環境等により避難する必要が少ないと考えられる場合は、自宅での一時的な避難も検討していただき、普段から各家庭での災害用備蓄の充実に取り組むようお願いします。

「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難場所に行く必要はありません。

自宅が危険な場合も、避難先は市指定の避難場所だけではありません。可能な場合は、安全な親戚や友人、知人宅への早めの避難についても検討してください。

迷わず避難チラシ (PDF 556KB)
迷わず避難チラシ.jpg

避難者の健康状態の確認

避難者の健康状態を確認するため、避難所に入られる際は、ご自宅での体温測定に協力をお願いします。なお、発熱、咳などの症状がある方は必ず申し出てください。

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

避難した方は、マスクの着用を徹底するようご協力をお願いします。避難された方は、断水等の影響がない場合には、頻繁に手洗いをするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底するようご協力をお願いします。

避難所の衛生環境の確保

避難所の物品等は、定期的に、および目に見える汚れがあるときに、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難所の衛生環境をできる限り整えるようご協力をお願いします。

市の備蓄品にも限りがあります。風水害時のように事前に避難する余裕がある際は、自分の必要なものは自分で持参してください。また、必要な物品を持っていけるよう時間に余裕をもって、降雨が激しくなる前に避難を完了させてください。

十分な換気の実施、スペースの確保等

避難所内については、十分な換気に努めるとともに、避難者同士がお互いに十分なスペースを確保できるようご協力お願いします。

発熱、咳等の症状が出た者のための専用のスペースの確保

発熱、咳等の症状があるまたは出た方は、専用のスペースを確保します。症状の出た方の専用のスペースやトイレは、一般の避難者とはゾーン、動線を分けますのでご協力ください。

お一人お一人が、ご自宅での災害リスクを想定していただき、最適な対応を選択できるよう平時よりご準備いただくことで、避難所における感染症リスクを低減することができるため、市民の皆様のご協力をお願いします。

カテゴリー

お問い合わせ

危機管理室 危機管理担当

電話:
0554-62-3145
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力