ふるさと納税活用事業のご紹介

2020年度

学童保育整備事業(教育または文化の振興に関する事業)

学童保育児童が増加する中、子どもたちがのびのびと過ごせる環境を整備するため、学童保育所を新設しました。

【基金充当額5,000千円】

新設した学童保育所「かぜのこクラブ」の外観

化学消防ポンプ自動車(その他市長が必要と認める事業)

高度化する火災事案に対応するため化学消防ポンプ自動車を配備しました。

【基金充当額11,000千円】

配備された化学消防ポンプ自動車

図書館事業(教育または文化の振興に関する事業)

子ども達が読書をするだけでなく、安心してゆったり過ごせるよう、図書館の屋上庭園を整備しました。

【基金充当額1,000千円】

天然芝に整備された図書館の屋外スペースで読み聞かせが行われる様子

2019年度

キヌア栽培奨励補助事業(産業の振興に関する事業)

全国初の国産キヌアの栽培成功地として、市の特産化に向け、生産拡大を図る事業に活用させていただきました。

【基金充当額180千円】

キヌア写真.JPG

母子手帳アプリ導入事業(医療または福祉の充実に関する事業)

母子手帳アプリを導入し、ひとりひとりに適切な情報を配信し、積極的な健康管理を促進し、妊娠・出産・育児期を継続的にサポートする事業に活用させていただきました。

【基金充当額240千円】

英語力向上事業(教育または文化の振興に関する事業)

英語力向上を推進するため、実用英語技能検定(英検)の受験料助成に活用させていただきました。

【基金充当額1,018千円】

心のプロジェクト「夢の教室」実施業務(教育または文化の振興に関する事業)

アスリートを講師に招き、夢を持つことの大切さや仲間の重要性などを知ってもらうための授業実施に活用させていただきました。

【基金充当額409千円】

夢の教室.JPG

令和元年東日本台風復興事業(その他市長が必要と認める事業)

本市では、令和元年10月10日夜から12日22時にかけて、上野原秋山地区の総降水量が656ミリメートルという観測史上類を見ない大雨に見舞われ、様々な生活基盤に被害がありました。そのため、皆様から寄せられたご寄附を、全て、次の事業をはじめとした復旧事業に活用させていただきました。

  • 情報通信基盤事業
  • 簡易水道事業
  • 林業単独災害復旧事業
  • 農地等単独災害復旧事業
  • 土木単独災害復旧事業 など              

【基金充当額2,934千円】

桑久保和見線.jpg

ご厚志をいただき、心より御礼申し上げます。

2017年度

駅周辺整備事業(その他市長が必要と認める事業)

新しく建設された駅南口昇降棟のガラス部分にステンドグラスをはめこみました。上野原駅周辺整備に伴い、今まで階段しかなかった上野原駅の南口に、この昇降棟が設置されたことにより、駅ホームと南口の行き来が非常に便利になりました。この昇降棟には展望室も設置されており、上野原市をイメージしたステンドグラスと、上野原駅南方面の桂川の景観を望むことができます。

【基金充当額3,500千円】

ステンドグラス.jpg  

カテゴリー

お問い合わせ

政策秘書課 秘書広報担当

電話:
0554-62-3191
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力