学童を対象とする定期予防接種

  • 接種希望日の数日前には、「実施医療機関」に電話等で予約してお受けください。
  • 持ち物は、「予診票」、「母子健康手帳」、「体温計」、「定期予防接種該当者証」(2種混合2期を接種する場合)、「筆記用具」になります。

※予診票等の必要書類は対象者宛郵送します。転入された方等で書類が届いてない方は保健センターまでご連絡ください。

(1)日本脳炎 2期

日本脳炎 2期
対象年齢 9歳以上13歳未満の者
接種回数 2期の接種回数は1回です。
注意事項 接種勧奨の差し控えにより第1期の接種が完了していない方に対し、当面の間、下記のとおり不足分の回数を予防接種法に基づいて接種できるようになりました。

日本脳炎定期予防接種の特例措置

  • 「平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれの方」で、平成17年度から平成21年度の間、日本脳炎予防接種の積極的な接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃していた方は、平成23年5月20日付けの「予防接種法施行令」等の改正にともない、特例措置の対象者になりました。これにより、日本脳炎予防接種を20歳未満で接種した場合、従来の対象者と同様に定期予防接種の対象となり、接種費用の助成が受けられるようになりました。

  • 平成25年2月1日に「予防接種法施行令」等が公布され、本年4月1日から「平成7年4月1日から平成7年5月31日生まれの方」で、平成17年度から平成21年度の間、日本脳炎予防接種の積極的な接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃していた方も特例措置の対象になりました。

平成7年4月2日から平成19年4月1日の間に生まれた方の接種について

1期が終了していない方は、まず1期の未接種分を受けてください。
1期および2期の予診票は母子健康手帳にて接種歴を確認してからお渡ししますので、保健センターへお越しください。未接種分の接種方法については、下表を参考に医師に相談して受けてください。

関連リンク

(2)2種混合(ジフテリア破傷風) 2期

ジフテリア破傷風 第2期
対象年齢 11歳以上13歳未満の者
接種回数 1回
注意事項 幼児期の3種混合を接種せずに、2種混合(ジフテリア・破傷風)第2期の対象年齢になってしまった場合は、保健センターへご連絡ください。

※予診票等の書類は対象者宛郵送します。

関連リンク

(3)子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチン
対象年齢 小学6年から高校1年相当の女子
接種回数 3回
注意事項 2価ヒトパピローマワクチン(サーバリックス)と4価ヒトパピローマワクチン(ガーダシル)の2種類があります。
3回とも同一のワクチンを接種してください

※平成25年6月14日以降、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしておりません。
なお、対象者のうち、接種を希望される方については、これまでどおり定期接種として接種できますが、ワクチン接種の有効性及び安全性等について十分に理解していただいた上で接種を受けてください。

関連リンク

カテゴリー

お問い合わせ

長寿健康課 保健担当

電話:
0554-62-4134
Fax:
0554-20-5525

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力