乳幼児を対象とする定期予防接種

結核(BCG)

結核(BCG)
対象年齢 生後1年に至るまでの間にある者
標準的な接種 生後5月に達した時から生後8月に達するまで
接種回数 1回接種(通常、左上腕外側に接種)

関連リンク

ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ1期

ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ1期
対象年齢 生後3月から生後90月に至るまでの間にある者
標準的な接種 1期初回3回(20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて接種)
1期追加1回(初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて接種)
注意事項 確実に免疫を作るためには、決められたとおりに接種を受けることが大切です

関連リンク

麻しん風しん(MR)1期、2期

麻しん風しん(MR)1期、2期
対象年齢 1期=生後12月から生後24月に至るまでの間にある者
2期=5歳以上7歳未満で、小学校就学前の1年間(幼稚園、保育園の年長児)
接種回数 各期とも、1回接種
注意事項 1歳から2歳の間に麻しん又は風しんにかかる可能性が高いので、1歳になったらなるべく早く1期の予防接種を受けましょう。

関連リンク

日本脳炎1期

日本脳炎1期
対象年齢 生後6月から生後90月に至るまでの間にある者
標準的な接種 標準的には、3歳に達してから接種します
1期初回 2回(6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて接種)
1期追加 1回(初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて接種)
注意事項 確実に免疫を作るためには、決まられたとおりに接種を受けることが大切です

関連リンク

B型肝炎

B型肝炎
対象年齢 生後1年に至るまでにある者
接種回数および
標準的な接種
生後2月から生後8月までの間に4週以上の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から
20週以上の間隔をおいて3回目を接種
注意事項 ※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンを接種
した場合は、健康保険が適用されるため定期接種の対象外になります。

関連リンク

水痘

水痘
対象年齢 生後12月から生後36月に至るまでの間にある者
接種回数および
標準的な接種
1回目:生後12月から生後15月までの間に1回接種
2回目:1回目を接種後、6ヵ月から12ヵ月までの間隔をおいて1回接種
(ただし、2回目は、3ヵ月以上の間隔があけば接種することができます)
注意事項 水ぼうそうにかかったお子さんは、定期接種の対象外になります

関連リンク

ヒブ(Hib)

ヒブ(Hib)
対象年齢 生後2月から生後60月に至るまでの間にある者
標準的な接種方法 生後2月から生後7月未満で接種を開始
  • 初回接種は27日(医師が必要と認めるときは20日)以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回
  • 追加接種は初回接種終了後7月以上、標準的には13月までの間隔をおいて1回
※初回2回目及び3回目は、生後12月に至るまでに接種します。(生後12月以降は、初回接種は行えません)
なお、この場合追加接種は可能ですが、初回接種にかかる最後の注射終了後、
27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回接種します。
接種の開始が遅れた場合 標準的な接種ができなかった場合、開始月齢により接種回数が異なります
【開始月齢】
  • 生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでにあるお子さん
    • 初回接種は27日(医師が必要と認めるときは20日)以上、標準的には56日までの間隔をおいて2回
    • 追加接種は初回接種終了後7月以上、標準的に13月までの間隔をおいて1回
※初回2回目の接種は、生後12月に至るまでに接種します。(生後12月以降は、初回接種は行えません)
なお、この場合も追加接種は可能ですが、初回接種にかかる最後の注射終了後、27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回接種します。
  • 生後12月至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にあるお子さん
    • 1回
注意事項 確実に免疫を作るためには、決められたとおりに接種を受けることが大切です。接種間隔が長期間あいてしまった場合には、保健センターへ相談してください。

関連リンク

小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌
対象年齢 生後2月から生後60月に至るまでの間にある者
標準的な接種方法 生後2月から生後7月未満で接種を開始
  • 初回接種は、標準的には生後12月までに27日以上の間隔をおいて3回
  • 追加接種は、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12月齢から生後15月齢の間に1回接種
※ただし、初回2回目及び3回目の接種は生後24月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)
※また初回2回目の接種が生後12月を超えた場合、初回3回目の接種は行わないこと(追加接種は実施可能)
接種の開始が遅れた場合 標準的な接種ができなかった場合、開始月齢により接種回数が異なります
【開始月齢】
  • 初回接種開始時に生後7月に至った日の翌日からから生後12月に至るまでの間にあるお子さん
    • 初回接種は、標準的には生後13月までに27日以上の間隔をおいて2回
    • 追加接種は、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降に1回
※ただし、初回2回目の接種は生後24月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わない
(追加接種は実施可能)
  • 初回接種時に生後12月に至った日の翌日から生後24月に至るまでの間にあるお子さん
    • 60日以上の間隔をおいて2回
  • 初回接種開始時に生後24月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にあるお子さん
    • 1回

関連リンク

注意事項

  • 接種希望日の数日前には、必ず「実施医療機関」に電話等で予約してお受けしてください。
  • 持ち物は、「予診票」、「母子健康手帳」、「体温計」、「筆記用具」になります。

カテゴリー

お問い合わせ

長寿健康課 保健担当

電話:
0554-62-4134
Fax:
0554-20-5525

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力