地方創生への取り組み

日本は、平成20年をピークに人口減少に転じており、これから本格的な人口減少社会に突入します。このため、国では人口減少の克服と地方創生を確実に実現するため、平成26年12月に「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、国を挙げて人口減少対策に取り組んでいます。また、この国の総合戦略において、地方創生については地方自らが考え、責任をもって取り組むことが重要であり、地域の特性を踏まえた『地方人口ビジョン』と『地方版総合戦略』の策定を求めております。

市においても、上野原町と秋山村が合併した平成17年には約2万9千人いた人口も、現在は2万5千人を割るまでに減少しており、人口減少の流れが止まらない状況です。また、65歳以上の高齢者の割合も3割を超えており、高齢化も進んでいます。

一方、市は首都圏からも近く、自然も豊かであり、伝統文化や既存産業を含め、上野原にしかない地域資源がたくさんあります。このアクセスの良さと地域資源を活かした取り組みを、「人」「地域」「団体」「企業」「教育研究機関」及び「行政」が連携・協働して進めていくことにより、人口減少に歯止めをかけ、将来にわたり活力あるまちにしていくことができると考えます。

このため、市において、人口減少を克服し、地方創生に繋がる政策・施策をまとめた『上野原市総合戦略』を策定していきます。

町の写真

上野原市まちづくり委員会

市では「人口ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定するにあたり、その方向性や具体案について、広く意見が反映されるよう、産業界・行政機関・教育機関・金融機関・動労団体(労働者)・メディア(産・官・学・金・労・言)等で構成する「上野原市まちづくり委員会」を組織しました。

添付ファイル

上野原市人口ビジョン

市では、人口の現状分析と将来展望を示した『上野原市人口ビジョン』を策定しました。

添付ファイル

上野原市まち・ひと・しごと創生総合戦略

市では、国の「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、「上野原市人口ビジョン」を踏まえた市の「まち・ひと・しごと創生」に向けた施策の基本的方向や具体的な施策・事業等をまとめた、「上野原市まち・ひと・しごと創生 総合戦略」を策定しました。

桜の木

添付ファイル

カテゴリー

お問い合わせ

企画課 特命地方創生担当

電話:
0554-62-3118
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力