転入届について

届出が必要な人

市外から上野原市へ異動をされた方

届出期間

上野原市に異動した日から14日以内

持参するもの

  • 転出証明書
  • 印鑑(届出人のもの)
  • 本人確認書類(届出人のもの)
  • 転入する方全員の通知カードまたは個人番号カード
  • 所得証明書(児童手当を受給していて、引続き受給申請をする方)
  • 介護保険受給資格証明書(要介護認定を受けている方)
  • 後期高齢者医療負担区分等証明書(後期高齢者医療制度対象者の方)
  • 在留カード、特別永住者証明書(外国籍の方のみ)
  • その他、前に住んでいた市区町村で各種手当や給付を受けていた場合、それらの証明書

注意事項

  • 代理人が届出にくる場合は委任状が必要となります。
  • 国外からの転入の場合、パスポート、戸籍謄・抄本、戸籍の附票が必要となります。
  • 転入手続の際、新住所の記載が必要になりますので、転入される方全員の住民基本台帳カード、個人番号カード、個人番号の通知カードを持参してください。

住民基本台帳カードまたは個人番号カードを利用した転入届の特例

これまで転入届をする際には転出証明書を添付する必要がありましたが、住民基本台帳カードまたは個人番号カードをお持ちの方は転出証明書がなくても転入届ができます。これを転入届の特例といいます。同時に引っ越しをする世帯員のうち1人でも住基カードを持っていれば、原則として転入届の特例が適用されます。転出時、転入時に窓口でカードをご提示ください。

→詳しい手続きはこちらへ

住民基本台帳カードまたは個人番号カードを利用した転出・転入届の特例

カテゴリー

お問い合わせ

市民課 窓口担当

電話:
0554-62-3112
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力