予防業務

秋・春季火災予防運動

火災が発生しやすい時季を迎え、火災予防の普及啓発をはかり、火災の発生を防止し、火災による死傷者の発生や財産損失を防ぐことを目的として、毎年実施されています。秋季・春季の火災予防運動を契機に、日ごろ忘れがちな火災に対する警戒心をよびおこし、住民や全国の消防機関などが一体となって、火災予防を推進しています。

秋・春季火災予防運動について

上野原市危険物安全協会と合同の市内巡回広報を実施しました。

工事中
秋山地区の巡回者
工事中
上野原島田地区の巡回者
工事中
大目甲東大鶴巌地区の巡回者
工事中
棡原西原地区の巡回者

ポスター、横断幕を掲出し、通行する人々に、火災予防運動を呼び掛けています。

工事中
うぐいす嬢の皆さん
工事中
役員の方々
工事中
土地改良区水路に掲載した横断幕
工事中
プレート

危険物の貯蔵と取扱い

一般家庭において、ボイラーや暖房器具の燃料として使用する灯油などの危険物は、消防法により、指定数量が定められています。下表に定められた数量を指定数量といい、同数量以上の危険物を貯蔵又は取り扱うには、市長の許可が必要です。また、指定数量の5分の1以上、指定数量未満の危険物を貯蔵または取扱うには、火災予防条例により、消防長に届け出をするとともに、貯蔵方法や取扱いの指導を受けてください。

一般に使用されている品目
品目 指定数量 届出を必用とする数量
ガソリン・シンナー 200リットル 40リットル以上
灯油・軽油 1000リットル 200リットル以上
重油 2000リットル 400リットル以上
エンジンオイル 6000リットル 1200リットル以上

暫定適マーク制度と自主点検報告表示制度

平成13年9月に発生した、新宿歌舞伎町ビル火災を契機に、消防法が一部改正され、防火対象物定期点検報告制度にもと基づく「防火基準点検済証」「防火優良認定証」に係る表示制度が平成15年10月1日から導入されることになり、「適マーク制度」は、平成15年9月30日をもって廃止されました。

「適マーク」の交付を受けている旅館ホテルなどについて、3年間(平成15年9月30日から平成18年9月30日)に限り暫定的に「適マーク制度」を継続させることとしました。

お問い合わせ先

担当部署
上野原市消防本部 消防署
電話番号
0554-62-4111
FAX番号
0554-63-4119

カテゴリー

お問い合わせ

消防総務課 予防担当

電話:
0554-62-4671
Fax:
0554-63-4119

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力