子供からの質問

社会科の消防署見学での質問です。

質問と回答
  質問 回答
1 火を消すときに使うホースの長さはどのくらいありますか? 長さは20メートルです。重さは、軽いもので5キログラム、重いもので8キログラムあります。
2 一番大変な仕事はなんですか? 火災現場や救急現場はもちろん大変ですが。それに備えての訓練が一番大変です。毎日の積重ねが現場で役に立つので、気をぬいたり、楽をしたりすると助けを求められても助けることができません。いつも現場で役に立つように考えながら訓練をしなければなりません。
3 消防自動車は、なぜ赤い色をしているのですか? 道路運送車両法で、消防車は朱色に定められています。炎と同じ色ですし、サイレンと鐘を鳴らして走行するとき、朱色が一番目立つと言われているからです。消防車を輸入したときの色が朱色だったそうです。
4 消防車や救急車は、何キロで走るのですか? スピードは緊急車両といってもルールがないわけではありません。道路交通法という法律により、制限速度は一般道で80キロメートル、高速道路では100キロメートルと決められています。
5 救助工作車には、どのような物が積まれていますか? ロープやエンジンカッター(鉄板を切断するもの)など111種類の道具があります。
6 消火する水が積まれている消防車はあるのですか? 化学消防車には2000リットルの水が積んであります。油火災などに薬剤を混ぜて放水します。
7 ホースから出る水は何メートルくらい飛びますか? 放水する圧力によって違いますが、消防署で火事のときに放水する圧力は3キロから5キロで30メートルくらい飛びます。
8 消防服は、本当に燃えないのですか? 燃えにくい素材でできています。防火服(衣)は、1200度で17.5秒まで耐えられることになっていますが、実際はそれを着る人間が高温に耐えられません。その時間を超えると燃えてしまいます。
9 この仕事をしていて、うれしいことは何ですか? 人の命を預かる仕事ですから、災害や事故などで助けた人や家族から「ありがとう」の一言や感謝されることがうれしいです。
10 なぜ119という番号になったのですか? 大正時代は、ダイヤル時間が短いということで「112番」だったそうですが、間違いが多いので昭和2年に地域番号数字の第一数字として使われていない「9」を採用し「119番」が誕生したそうです。
11 消火器はどのくらいの時間、消火剤が出ているのですか? 学校にある消火器の大きさで13秒から15間消火剤が噴出します。

カテゴリー

お問い合わせ

消防総務課 予防担当

電話:
0554-62-4671
Fax:
0554-63-4119

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力