上野原市長選挙及び上野原市議会議員補欠選挙のお知らせ

投票は午前7時から午後8時まで

 

平成29年2月19日は、上野原市長及び上野原市議会議員補欠選挙の投票日です。

 

投票所一覧

投票できる人

この選挙で投票できる人は、平成11年2月20日までに生まれた満18歳以上の日本国民で、平成28年11月11日以前から引き続き、本市の住民基本台帳に登録されている人です。

*上野原市へ転入してきた人は・・・

平成28年11月12日以降に他の市町村から転入の届け出をした人は、本市の選挙人名簿に登録されていないため、投票することができません。

*上野原市から転出した人は・・・

他の市町村に転出した人は、投票することはできません。

期日前投票

*上野原期日前投票所*

  • 期間:2月13日(月曜日)から2月18日(土曜日)
  • 場所:上野原市役所1階展示室
  • 時間:午前8時30分から午後8時

*秋山期日前投票所*

  • 期間:2月13日(月曜日)から2月15日(水曜日) 
  • 場所:秋山支所2階
  • 時間:午前8時30分から午後8時

 

  • 期日前投票実施期間は、上野原市期日前投票所と秋山期日前投票所で異なりますので、ご注意ください。
  • 入場券の裏側に期日前投票所の宣誓書があります。記入してお持ちいただくと、スムーズに投票できます。
    宣誓書は、期日前投票世にも用意してありますので、投票所で記載していただいても結構です。

開票速報

選挙期日の午後9時15分から、上野原市長選挙、上野原市議会議員補欠選挙の順に開票を行います。
当日は、以下のページで開票状況が確認できます。

不在者投票

入院中や他市町村に滞在中など、一定の理由により選挙期日(投票日)に投票所で投票できない人が、滞在地の市町村や入院中の病院などにおいて事前に投票することができます。

病院・老人ホーム等での不在者投票

都道府県の選挙管理委員会が指定した病院、老人ホーム、身体障害者更生援護施設など法令で定められた施設に入院・入所中の人がその施設において不在者投票をすることができます。
この場合には、選挙人自らが不在者投票の請求を行うこともできますが、当該施設の不在者投票管理者(病院長など)が一括して不在者投票の請求手続きを代行します。

≪投票の方法≫

  1. 不在者投票管理者(病院長など)に不在者投票を行う旨を申出ください。
  2. 不在者投票管理者が上野原市選挙管理委員会に対し、投票用紙等を請求します。
  3. 投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)が不在者投票管理者に送付されます。
  4. 不在者投票管理者の指示に従って不在者投票を行ってください。
  5. 不在者投票管理者が、上野原市選挙管理委員会へ投票用紙を送付します。

≪投票の場所≫


入院・入所している指定病院、指定老人ホームなど

≪投票の期間≫


選挙期日の告(公)示日の翌日から投票日前日まで(土・日曜日,祝日を含む)

仕事や旅行先などの他市町村での不在者投票


仕事や旅行等の理由により、上野原市以外の場所に滞在している人は、滞在先の選挙管理委員会で不在者投票をすることができます

≪投票の方法≫

  1. 入場券の裏面もしくは下記の『不在者投票宣誓書兼請求書』に必要事項を自筆で記入し、直接、または郵送により上野原市選挙管理委員会に送付します。
    【必要な書類】
  2. 投票用紙、不在者投票用(内封筒・外封筒)、不在者投票証明書が滞在先に郵送されます。

  3. 送られた投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)、不在者投票証明書を滞在先の選挙管理委員会に持参します。この際に、不在者投票証明書を開封したり、あらかじめ投票用紙に記入してしまうと無効になってしまいます。必ず、選挙管理委員会の指示に従って投票を行ってください。

  4. 滞在先の選挙管理委員会が、上野原市選挙管理委員会へ投票用紙を送付します。

郵便等による不在者投票


身体障害者手帳・戦傷病者手帳・介護保険の被保険者証をお持ちで、次のいずれかの要件に該当する人は自宅などで郵便等による不在者投票をすることができます。

身体障害者手帳をお持ちの方の要件

  • 両下肢・体幹・移動機能の障害・・・・・・・・・・・・・・・・1級若しくは2級
  • 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害・・・・・・1級若しくは3級
  • 免疫・肝臓の障害・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1級から3級

戦傷病者手帳をお持ちの方の要件

  • 両下肢・体幹の障害・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・特別項症から第2項症
  • 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障害・・・特別項症から第3項症

介護保険の被保険者証をお持ちの方の要件

  • 要介護状態区分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・要介護5

≪郵便等による不在者投票における代理記載制度≫


郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、さらに次の要件に該当する方は、あらかじめ市選挙管理委員会に届出をした代理記載人1人(選挙権を有する者)に、指示する候補者名等を代理記載させ投票することができます。

身体障害者手帳をお持ちの方の要件

  • 上肢・視覚の障害・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1級

戦傷病者手帳をお持ちの方の要件

  • 上肢・視覚の障害・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・特別項症から第2項症

≪郵便等投票証明書の交付申請手続き≫


「郵便等による不在者投票」を利用するためには、「郵便等投票証明書」が必要です。次の手続きにより上野原市選挙管理委員会へ郵便投票証明書の請求を行ってください。
 

  1. 郵便等投票証明書の交付を請求
    (本人の場合)
    【必要な書類】
    (代理記載の場合)
    【必要な書類】
  2. 郵便投票証明書を受け取る
    この証明書は、7年間有効ですから大切に保管してください。
    (ただし、介護保険の要介護者は、要介護認定の有効期間となります。)
     

≪郵便等による不在者投票の方法≫

「郵便等投票証明書」の交付を受けた方は、次の手続きによりご自宅等で不在者投票をすることができます。
 

  1. 上野原市選挙管理委員会から、選挙の公(告)示日の前にお送りする「投票用紙等の請求書」に、ご本人のお名前(代理投票の登録をしている人以外は、必ず自書してください。) と現在する場所(投票用紙の送り先)を記入します。
  2. 上野原市選挙管理委員会あてに、投票日の4日前までに「投票用紙等の請求書」と「郵便等投票証明書」を同封して、郵送にて請求します。
  3. 上野原市選挙管理委員会が公(告)示日に、不在者投票用紙等を郵送します。
  4. 不在者投票用紙等がお手元に届きましたら、投票用紙に記入して不在者投票用封筒に入れ、その外封筒にご本人のお名前を記入します。
    (代理投票の登録をしている人以外は、必ず自書してください。)
    ※ご自宅等で投票用紙に記載できるのは、公(告)示日の翌日から投票日前日までです。
  5. 返信用封筒により上野原市選挙管理委員会まで郵送してください。

※添付資料「郵便投票制度について」 (DOC 27KB)

≪資料送付先≫

〒409‐0192
山梨県上野原市上野原3832番地
上野原市選挙管理委員会あて

 

選挙公報

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力