成年後見制度とは

認知症や知的障害、精神障害のために判断能力が不十分な人は、不動産や預金などを管理したり、身の回りの世話のために介護などのサービスや施設への入所の契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。
このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。実施主体は家庭裁判所です。


成年後見制度には、1.法定後見制度と2.任意後見制度の2つがあります。

  1. 法定後見制度は、すでに判断能力が不十分な人が財産管理などの支援を受けるための制度です。
    本人の状態に応じて「後見」・「保佐」・「補助」の3分類に分かれます。
  2. 任意後見制度は、判断能力がある人が、将来、判断能力が不十分になった場合に備えて、「誰に」、「どのような支援をしてもらうか」をあらかじめ決めておく制度です。

市では、利用についての相談を受け付け、必要な支援の手続きを行っています。

関連リンク

成年後見制度に関する審判(裁判所ホームページ)
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_02_2/index.html

成年後見制度~成年後見登記制度~(法務省ホームページ)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html
 

カテゴリー

お問い合わせ

長寿健康課 地域包括支援担当

電話:
0554-62-3128
Fax:
0554-30-2041

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力