上野原市地域公共交通総合連携計画(素案)(結果)

上野原市地域公共交通総合連携計画(素案)について公表結果をお知らせいたします。
意見募集の結果

  1. 意見提出者の数1人
  2. 提出された意見の数1件
上野原市地域公共交通総合連携計画(素案)(結果)
ご意見 市の考え
この素案は、具体的な検討の掘り下げが不足している様に思う。
例えば、下記の項目について検討を進め、計画に盛り込んでもらいたい。
(1)運行コース・時刻の検討・設定
P28に実証運行のコースが「○○・△△方面」との記載があるが、何にターゲットを置き(目的性)、具体的にどこを通るのかが全然記載されていない。 これでは、単に空白地帯に路線を設けるに過ぎず、運行コース、バス停位置、時間帯、曜日設定等の検証も不可能である。
(2)ソフト面での検討
次の手法を取り入れ、利用者数の増加を図ったらいかがか。
・利用者へ、インセンティブを与える仕組みを作る(例えば、市役所利用者のバス料金の割引。商店街とタイアップした利用回数に応じた商店街のスタンプの発行)。
・利用者へのバス接近情報の親切な周知・通知(例えば、バス接近告知システムの導入。バス停に近い商店主による告知)。
(3)スクールバスの利活用
P23にスクールバスの利活用が必要だという旨の記述があるが、具体的な内容となっていない。 日中の利活用だけではなく、登下校時に児童・生徒と一般者が一緒に乗車し、コミュニティの向上をも図ることができる仕組みを作ってもらいたい。
(4)バスの小型化
上野原は道が狭く、カーブも多いことからバスの小型化が必要だと考える。
以上は、P29に示されているPDCAサイクルによるブラッシュアップが必要であるがP(計画)に盛り込んでいなければ、スタートラインにも立てない。しっかり検討し、D(事業実施)につなげてもらいたい。
この計画の素案は、市民の日常生活に即した持続可能な公共交通の実現に向け、基本的な方向性を示したもので、来年度から予定している実証運行の具体的な内容につきましては、今後、検討して参ります。
いただきましたご意見につきましては、その実証運行の具体的な内容を検討する際、また、実証運行を進める中で出来る限り取り入れるよう努めて参ります。

お問い合わせ

企画課 政策推進担当

電話:
0554-62-3118
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力