市内の公共交通について

市内の公共交通について

上野原市内の公共交通は、鉄道(JR東日本)、バス(富士急山梨バス)、タクシー(上野原タクシー、駅前タクシー、四方津交通、島田交通、東亜タクシー(休業中))及び平成23年10月から導入したデマンドタクシー(上野原市地域公共交通活性化協議会)などにより成り立っています。

市内に2カ所ある鉄道駅、上野原駅と四方津駅は、上野原市と市外とを結ぶ交通拠点で、山梨県内でも有数の乗降客を有しています。一方、決められた路線で定時に大量輸送を行うバスと目的地まで少人数を輸送するタクシーは、市内において居住地と両駅あるいは中心市街地を結ぶ公共交通として有用な役割を担っていますが、急速な少子高齢化や人口減少、一家に複数を持つ自家用車の普及、また、デマンドタクシーの導入などにより利用者が減少しています。

そのため、現在進めている上野原駅周辺整備事業において平成30年4月供用開始を目指す南口ロータリーへの交通結節点の移転時期を目途とし、新たな交通計画を策定していく予定となっています。

公共交通図.png

公共交通を守る!

上野原市では、適正な財政負担の中で効率的で効果的、かつ持続可能な交通網の形成を目指し、今後も各種事業を実施して参りますが、地域の公共交通を確保・維持していくためには、自家用車への過度の依存から公共交通への利用転換・利用促進を進めていく必要もあります。

急速な少子高齢化や人口減少により、公共交通の重要性も高まっています。環境にもやさしい公共交通を、みんなで利用して守っていきましょう。

添付ファイル

カテゴリー

お問い合わせ

生活環境課 生活環境担当

電話:
0554-62-3114
Fax:
0554-30-2041

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力