住民基本台帳カードの継続利用について

平成24年7月9日より住民基本台帳法が改正され、住民基本台帳カードの取り扱いが一部変更されました。
法改正前は、住民基本台帳カードを発行市区町村から転出をすると、住民基本台帳カードは廃止され使用できなくなりました。
法改正後は、転入先市区町村にて継続利用手続きを行うことによって、引き続き住民基本台帳カードを使用することができます。(国外転出を除く)

継続利用の条件

  • 住民基本台帳カードが有効期間内であること。
  • 転入届を行った日から90日以内に転入先市区町村で継続利用の手続きを行うこと。

継続利用手続き

手続きができる方
  • 転入者本人
  • 転入者と同一世帯に属する方
必要なもの
  • 転入された方の住民基本台帳カード(お持ちの方全員分)
  • 同一世帯に属する方が手続きに来る場合は、その方の運転免許証やパスポート等の官公署発行の写真付本人確認書類
取扱い窓口
  • 本庁のみ(支所・出張所では取り扱っておりません)
注意事項
  • 継続利用手続きを行うためには、暗証番号の入力が必要です。必ず確認の上手続きをしてください。
  • 転入される方と別世帯の代理人が手続きをする場合には、あらかじめ転入先市町村に確認をしてください。
  • 電子証明書は継続されません。

暗証番号がわからない場合

  • 暗証番号の再設定は本人または法定代理人に限られます。
  • 写真無しの住民基本台帳カードの暗証番号の再設定には、運転免許証やパスポート等の官公署発行の本人確認書類が必要となります。

カテゴリー

お問い合わせ

市民課 窓口担当

電話:
0554-62-3112
Fax:
0554-62-5333

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力