自動車リサイクル

自動車リサイクル法

平成17年1月1日より、廃棄物の削減と資源の有効活用を目的として「自動車リサイクル法」が施行されました。
「自動車リサイクル法」では、消費者が自動車の新規購入時、継続検査時、廃車時にリサイクルに関わる費用を負担することになります。

費用単価表

費用単価表
自動車の種類 1台あたりの単価
リサイクル料金 情報管理料金 資金管理料金
軽・小型乗用車 16,000円 130円 新車購入時
:380円
車検・廃車時
:480円
普通乗用車 18,000円
中・大型トラック 16,000円
大型バス 65,000円

※リサイクル料金は、メーカーや輸入業者・車種・装備品の有無等により異なるうえ、一部未発表のものもあります。リサイクル料金を負担する際には、メーカーの窓口や取扱事業者などでご確認ください。

対象車両

自動車リサイクルは乗用車・トラック・バスだけでなく、消防や警察の緊急車両・ゴミパッカー車・タンクローリー車・レントゲン車なども対象になり、以下の対象外とされる自動車以外のものは、全て自動車リサイクルの対象になります。

対象外となる自動車

  1. 被牽引車
  2. 大型・小型特殊自動車(道路運送車両法第3条に規定)
  3. その他省令で定めるもの(農業機械・林業機械車両、キャタピラやソリを有するもの、公道を走らないレース用車両、試験用途車、自衛隊の装甲車など)

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力