議会の役割

私たちが住む上野原市を、快適で住みよいまちにするためには、市民自らがまちづくりを考え、話し合い、問題を解決していくことが住民自治の基本です。
しかし市民全員が集まって話し合うことは実際にはできません。そこで、選挙をして市民の代表者を選び市民に代わって大切な仕事をしてもらう代表者が市議会議員と市長です。

市議会は、市の予算や条例などの重要な案件を審議し、決定する「議決機関」です。また市議会の決定に基づき実際に仕事を行うのが、市長をはじめとする「執行機関」です。市議会と市長は、お互いの立場を尊重しながら均衡を保ちつつ、市政の発展のために努めていますが、市議会は執行機関に対し牽制、監視、統制する役割を持っています。

市議会には、これらの役割を果たすためのいろいろな権限が与えられています。主なものとしては、次のようなものがあります。

  1. 議決権
    市長や議員から提出された議案を審議し、議会の意思をきめることを議決といいます。議決権は条例の制定、改正、廃止に関することや予算を定めたり決算を認定すること。また市の税金、使用料、手数料などに関すること、重要な契約や財産の取得、処分に関することがあります。
  2. 選挙権
    議長、副議長、選挙管理委員などを選挙します。
  3. 同意権
    市長が副市長、監査委員、教育委員などの選任や任命をする場合、市議会の同意が必要であり、これを同意権といいます。
  4. 検査及び監査請求権
    市の事務・事業に関する報告を求めたり、書類などを検査する権限や監査委員に監査の請求を求めることができます。
  5. 意見書提出権
    国や県などに、市の公益に関することについて意見書を提出することができます。
  6. 請願の受理権
    市民の意見を広く反映するため、請願を受理し議決することができます。

市民と市議会と市長の関係

カテゴリー

お問い合わせ

議会事務局 庶務議事担当

電話:
0554-62-3344
Fax:
0554-62-5344

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力