西ノ原古墳

西ノ原古墳

上野原市大野5372

畑の耕作中に偶然発見されました。無袖型横穴式石室で、天井や壁の大半はすでに失われていました。石室の全長3.3m、最大幅1.7m、奥壁高0.8m。側壁に膨らみを持たせた「胴張り」と呼ばれる形をしています。7世紀代、当地を治めていた有力者一族の墓と推定されます。副葬品は見つかっていません。

 

カテゴリー

お問い合わせ

社会教育課 社会教育担当

電話:
0554-62-3409
Fax:
0554-63-4772

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力