木食白道作恵比寿大黒木像

_______________013.jpg

上野原市大目、巌、上野原地区

白道(びゃくどう)は江戸時代に全国を行脚した木食僧(もくじきそう)で、庶民のために多数の仏像を作りました。寬政9年(1797)には上野原村を訪れています。市内5軒に伝わる恵比寿大黒木像は高さ35cm~40cm、厚さ6cm前後で、愛らしく微笑む表情は白道作品の特徴です。

 

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

社会教育課 社会教育担当

電話:
0554-62-3409
Fax:
0554-63-4772

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力