古在家の神楽舞

古在家の神楽舞
資料:市教育委員会

【西原地区田和】

9月秋分の日前後の一晩、招魂社の祭礼で奉納されます。常設舞台で、三番叟(さんばそう)、四本剣(しほんつるぎ)、神楽舞(かぐらまい)、御祈祷(ごきとう)、和藤内(わとうない)、鳥刺(とりさし)、松こぎ(曽我物語)、工藤幕(くどうまく)(曽我物語)、作代幕(さくでえまく)、浦島幕(うらしままく)、万才(まんざい)、おはらいの12幕が演じられます。古在家神楽舞保存会が継承に努めています。

関連リンク等

カテゴリー

お問い合わせ

社会教育課 社会教育担当

電話:
0554-62-3409
Fax:
0554-63-4772

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力