板碑(大野・個人所蔵)

板碑(大野1776・上条清平)

板状の緑色石で作られた供養塔で、阿弥陀如来像が梵字(ぼんじ)と呼ばれる特殊な文字で刻まれています。製作年代は不明ですが、鎌倉時代から室町時代にかけて作られたものと想定されます。
年紀銘文は左側のものに花坂・九年□□七月 日・上條□九□。右側は花坂・上條と刻まれています。しかし銘文に関しては造塔時以後彫刻されたものと推察されます。

 

<左側>高さ55センチメートル、幅22センチメートル、厚さ2センチメートル。
<右側>高さ40センチメートル、幅23.5センチメートル、厚さ2.1センチメートル。
緑泥片岩(りょくでいへんがん)製。

カテゴリー

お問い合わせ

社会教育課 社会教育担当

電話:
0554-62-3409
Fax:
0554-63-4772

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力