銅製雲版

銅製雲版

上野原市上野原3400

寺で食事や法要の時、合図に打ち鳴らす楽器です。
銅製で縦44cm、横40cm、厚さ0.7cm、撞座(つきざ)直径9cmの大きさです。

応安6年(1373)、大工金刺重弘によって作られ、現在県下に残る雲版では最古の逸品です。
この雲版がある保福寺は、中里介山の『大菩薩峠』に登場する月見寺のモデルといわれています。

 

カテゴリー

お問い合わせ

社会教育課 社会教育担当

電話:
0554-62-3409
Fax:
0554-63-4772

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力