適正体重を知って生活習慣病を予防しましょう!

市の特定健診を受けた方で、HbA1cと収縮期血圧が基準値を上回る人の中には、「20歳の時から体重が10キログラム以上増加している」と答える方が多くいました。
体重の増加と糖尿病や高血圧との関係は深く、体重増加が大きいほど、糖尿病、高血圧等の有病率が高い傾向にあります。
ご自身の適正体重を知りそれを維持することで、生活習慣病を予防しましょう!

BMI値を計算しましょう。

BMIとは、Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略で、肥満の程度を示す体格指数です。
BMI=22のときが最も病気にかかりにくいといわれています。

計算してみましょう

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
例:身長170センチメートルで体重75キログラムの方なら、75÷1.7÷1.7=25.95になります。

BMI判定基準
BMI 判定基準
18.5未満 やせ
18.5以上から25未満 正常域
25以上 肥満

適正体重を計算しましょう。

適正体重は、BMIが22になるための体重です。
適正体重を維持し、生活習慣病を予防しましょう。

計算してみましょう

適正体重=身長(m)×身長(m)×22 
例:身長170センチメートルの方なら、1.7×1.7×22=63.58キログラムになります。

カテゴリー

お問い合わせ

長寿健康課 保健担当

電話:
0554-62-4134
Fax:
0554-20-5525

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力