オオキンケイギクについて

オオキンケイギクは北アメリカ原産の多年草で、5月から7月にかけてコスモスに似た黄色の花をつけます。
市内でも、路肩や土手などで見かけられます。しかし、きれいな花だからといってご自宅の花壇やお庭に絶対に植えてはいけません。
オオキンケイギクは周辺の生態系に重大な影響をおよぼす恐れのある植物として、【特定外来生物】に指定されており、栽培、運搬、販売、野外に放つことが禁止されています。

オオキンケイギクの特徴

  • 北アメリカ原産のキク科の多年生草本
  • 高さは30センチ~70センチ程度
  • 花はコスモスに似た形状で直径5センチ~7センチ程度
  • 花びらの先端には4~5つのぎざぎざがある。
  • 葉の両面には荒い毛が生えている

 オオキンケイギク1.png オオキンケイギク写真2.png

駆除するときの注意!

駆除を行う際には、根から引き抜き、その場で拡げないように2~3日天日にさらして枯らす。または、袋に入れて腐らせるなどの処置をした後に燃えるゴミとして処分してください。

罰則

栽培、運搬、販売、野外に放つなどの違反をした場合、最高で個人の場合、懲役3年以下、または300万円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金が科せられます。

特定外来生物について知りたい方

その他の「特定外来生物」や外来生物法に知りたい方は、下記の環境省のホームページの「外来生物法」をご覧ください。

カテゴリー

お問い合わせ

生活環境課 生活環境担当

電話:
0554-62-3114
Fax:
0554-30-2041

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力