介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)

目的

要支援に認定された方や、65歳以上で基本チェックリストを実施し事業対象者とされた方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」を行い高齢者の社会参加の促進し地域の支え合い体制づくりと要介護状態に至らないよう、介護予防を図ることを目的とするものです。

事業内容

介護予防・生活支援サービス事業

(1)目的・対象者

要支援1.2の方、事業対象者と判定された方を対象に訪問型サービス(現行相当)通所型サービス(現行相当)通所型サービスA(基準緩和)のサービスを提供し生活の支援と介護予防を図ることを目的として実施します。

基本チェックリストと事業対象者

市役所窓口でご本人に基本チェックリストを実施していただき、一定の基準に該当した方は事業対象者となります。事業対象者に該当した方は介護認定を行わなくても介護予防・生活支援サービス事業の利用ができます。

※希望サービス、身体状況等から介護保険申請していただく場合もあります。

(2)事業の種類

ア.訪問型サービス

自分ではできない日常生活上の行為がある場合に、ホームヘルパー等が家庭を訪問し、利用者と協働して家事の援助等を行います。

イ.通所型サービス

通所介護施設で、入浴や排せつ、食事などの日常生活上の支援を日帰りで受けることができます。また、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能の向上といった選択サービスも受けることができます。

ウ.通所型サービスA

上野原市独自のサービスとしてミニデイサービスを行います。閉じこもりを予防し仲間と共にレクリエーションや機能訓練を中心とした活動を行い運動機能の向上などを目指します。

※訪問型サービス、通所型サービスではこれまでの介護予防サービスと同等のサービスを受けることができます。

カテゴリー

お問い合わせ

長寿健康課 地域包括支援担当

電話:
0554-62-3128
Fax:
0554-30-2041

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力